聞こえ方で選ぶ|鼻づまりが辛いなら原因を追究するのが先決

鼻づまりが辛いなら原因を追究するのが先決

聞こえ方で選ぶ

耳

軽度に該当するときの選択

病気やけがは、状態によっていろいろな対応があります。重症、重度が高いとなると、かなり大変なので入院が必要であったり、介護や看護が必要になるでしょう。軽症や軽度の場合であれば、日常生活が少し困る程度かもしれません。軽度の難聴の人が補聴器を利用する時には、何を求めるかを考える必要があります。軽度なので、着けていなくても生活は可能でしょう。ただ、少ししづらい状態です。この時に、あまり強すぎる補聴器をつけてしまうと、聞こえすぎる場合があります。音が大きいことで、より難聴が進んでしまうかもしれません。選ぶときには、どれくらい矯正してくれるのか、大きくなり過ぎていないかなどを確認します。耳鼻科なら、症状に合わせた対応をしてくれます。

症状に合わせた調整

耳から聞こえる情報によって、自宅内だけでなく、外出先での生活もしやすくなります。うるさいと感じることがありますが、感じるからこそトラブルを避けられることもあります。難聴になると、耳からの情報の一部が得られなくなります。生活がしにくくなることから、補聴器を使ってサポートすることを考えることもあります。多くの補聴器がある中で、どれを使ってもよいかですが、難聴の度合いによって異なります。耳は複雑な構造をしていて、どの部分に異常が出るかで聞こえにくい音が変わります。高い音が聞こえにくい、低い音の場合、その他の音が聞こえにくい場合があります。間違えると、必要な音が聞こえないことにもなりかねないので、耳鼻科で診断を受けたうえで調整してもらいましょう。