合うものを探す|鼻づまりが辛いなら原因を追究するのが先決

鼻づまりが辛いなら原因を追究するのが先決

合うものを探す

相談

調整をする

補聴器を選ぶのはとても大切なことで、実際に使ってみないと分からない部分があります。まずは、レンタルをしてどのタイプにするのかを選ぶことから始まり、お店で自分の要望にあったものを選びます。その中で重度の難聴であればカバーできる部分が不足しないように高性能な耳かけタイプなどを選ぶことになります。そして、実際にレンタルしたものを装着をしていろいろなところに出かけたりすることがポイントです。多くのレンタルサービスでは、1週間後に再調整の期間を設けています。スタッフが実際に生活してみて不便だった点を聞き出し、使用者の要望に応える形で聞こえ具合や付け具合を再調整してくれるのです。

装着感をチェックする

補聴器で一番大切なことが、装着感がしっかりとしているかです。本来補聴器はしっかりとフィットしていないと性能を生かしきれません。そのため、いろいろな補聴器をレンタルして使ってみて自分に合っているのかを確認することがポイントです。そして、レンタルでは、初めからぴったりと合うことは少なく、何度か微調整をして合わせていきます。聴力に関しては、収音能力が低下している人も入れば、難聴によっては音域によって聴き取れなくなることもあります。そのため、しっかりと耳鼻科などで計ってもらい判断をしておく必要があります。そして、最近はレンタルでもタイプはもちろんのこと、カラーバリエーションも豊富になっています。そして、最終的には、どのタイプがいいのかが分かり、実際に購入することができます。